• ご予約TEL: 023-642-6688
  • 営業時間 9:00~19:00(パーマ・カラー受付 9:00~18:00)
    定休日:月曜日、第3日曜日

山形 山形市 寿町 コラムこんな惨劇は忘れてけない

  • HOME
  • お知らせ
  • 山形 山形市 寿町 コラムこんな惨劇は忘れてけない

 

3.11 東日本大 震災 8年経って思う事

 

 

 

引用

ウィキペディア

今日で8年経ちました。

 

震災の日はちょうどお客様をカラーをしていて。

 

シャンプーする前に異様な揺れを感じ。

 

揺れがとまったら電気は止まり、

 

 

お客様を水で頭を洗わないといけない状態に。

 

水で洗われた頭を乾かすこともできず。

 

お客様は寒さに震えながらお帰りに。

 

電気が消え、今現在何が起きたかもかわらず。

 

ただ、信号が消えていたので、普通ではないと思い。

 

今日は閉めるしかないなと帰路につく途中も。

 

信号がない道路は荒れまくていて事故らないように。

 

するのが、やっと帰路につけた。

 

ほっとして、車のテレビを観ると。

 

この世の景色では、ないような情景が目に。

 

福島・宮城・岩手 と大変になっているのか。

 

山形には大きな被害がなく、山形市内には。

 

県外から食料・医薬品を求めてくる人達と

 

避難してきた人達で、いっぱいでした。

 

うちの店にもご来店いただき、その時の話をよく聞きました。

 

この話は今でも忘れてはいけないなーと思ってます。

 

仙台の方からは

 

○震災でダメになったお店は物資が行き届かない時期は物がなくなる事態に。

 

 

○車に乗っていたら波にのまれて流されてなんとか助かっ た。

 

○仙台空港で、飛行機の上から流される車を見た。

 

○山形に避難するため、車を山を沿って走ってきて。

ガゾリンがなくなれば、波にのまれ、ぐちゃぐちゃになった

車からガゾリンをもらいながら何日もかけてきた。

 

○海に近い為、波にのまれた瓦礫が、山場の家に

  上に登ってきて、家の敷地に瓦礫の山

福島の方は

 

○マイホームを建てて引き渡しが3.11で、もう危険区域で

  帰れません。

 

○奥さんとお子さんが避難しているので、山形に週末きてます。

 

○自主的に避難してきたご家族の方々

 

震災がなければ、会うことができない方々にお会いし。

 

今では、皆さま、無事に故郷に帰り。

 

完全なる復興に向けて頑張っていると思います。

 

 

今日は一日1日を大事に生きたいと思います。

 

3.11を忘れないように。