• ご予約TEL: 023-642-6688
  • 営業時間 9:00~19:00(パーマ・カラー受付 9:00~18:00)
    定休日:月曜日、第3日曜日

山形 山形市 寿町 お役立てアニ散歩 😯40代の大人こだわりスタイル作りを参考にしてみた。

  • HOME
  • お知らせ
  • 山形 山形市 寿町 お役立てアニ散歩 😯40代の大人こだわりスタイル作りを参考にしてみた。

山形 山形市 くせ毛カット 髪質改善 縮毛 特化サロン beauty life- mussh+zenメディア

癖毛カットとは?

山形市在住の方へカットで対策ボリュームダウン!シュートボブ

広がるくせ毛にはRカラー

謎のトリートメントとは?その効果による仕上がりの違い

髪質改善・ナチュラルな縮毛したい

検証記事 山形市で癖毛でお悩みの方へナチュラルな仕上がりなら極ツヤをおすすします。

日々、縮毛・くせ毛 ・髪質改善・ トリートメントを特化してやっています。

40代の大人こだわりスタイル作り方レシピ

 

40代の悩みスタイルの手本にユーチューバーが?

 

お友達とカットのご予約の話をしていたら。

 

参考にしたい方がいると言われ。

 

なんとこっちゃと調べたらこの人がヒット!

 

アニ散歩という番組でひたすらカッコいい男性 干場編集長。

 

 

 

今日は40代の悩みにハマる干場編集長のこだわりスタイルが、

とても勉強になりましたので勝手にまとめてみましたw

 

1.カットは2週間くらいがベスト

 

いつもと変わらないスタイルを好む40代大人スタイル

1ヶ月もたたないくらいで切ると短くなりすぎてしまうので、整える程度がベスト!

ベストシルエットのコツはバック真ん中に集める形が良いかと。 鳥の羽のように!

オーダーの仕方がわからない場合は絵にしてみるのもありですね。

 

View this post on Instagram

【干場ヘアスタイルの変遷】12年前の左上の写真から時計回りに順番で。少しずつ短く切っていて、左下が最近のヘアスタイルです。次のページでは僕が書いた髪型のイラストオーダーメモを紹介してます。スワイプしながら、写真とイラストを見比べてみてくださいね。ヘアは、にじいろジーンでも11年間一緒に仕事をしてきた表参道にあるアルファランの越智めぐみさんに切ってもらってるんです。そう!わかりやすく言うとmade by OCHI(笑) とても上手なんで、皆さんもぜひ行ってみて下さいね。 ========================== 🔵通ってるヘアサロンはココ alfalan(アルファラン) 〒107-0061 港区北青山3-13-12 ☎︎03-6450-6583 @megumi.ochi1031 #越智めぐみ @alfalan.aoyama #アルファラン @yoshimasa_hoshiba #干場義雅 #luxurylifestyle #lifestyle #simpleluxury #italianlifestyle #styleclinic #スタイルクリニック @forzastylecom #forzastyle #fashion #coordinate #code #style #mensfashion #mensstyle #menswear #エロサバ #ファッション #コーディネイト #ootd #instagood

A post shared by 干場義雅(Yoshimasa Hoshiba) (@yoshimasa_hoshiba) on

2.ワックスはつけすぎないようにする!

全体になじませるくらいがちょうどよく。

つけすぎるとシャンプーの回数も増え。

髪のダメージやスタイリング剤が取れない事も!

うちでは、スタイリングをしてもおちやすい

プレイヤーズワックスがオススメ!

プレイヤーズワックス 1800円(税抜き)

3.カット+ヘッドスパをすると頭皮改善とリラックス効果も

自分で洗うより美容院で洗ってもらうとスッキリするっておもいませんか?

実は美容室で洗うと2週間くらい洗髪をしたくらいになります

普段よりもしっかり頭皮をお湯で流して。

一緒にヘッドスパをすれば、薄毛でお悩みも解消されます!

うちでも、しっかり洗いたい方は

神シャンプーハスモウがオススメ!

 

ハスモウ 12000円(税抜き)

育毛効果・白髪予防・ハリコシ・艶も蘇ります!

まとめ・・・

今日は40代の大人こだわりスタイルの作り方を解説してみました。

 

ポイントは 切りすぎない・つけすぎない・やりすぎない

 

あまり変わらないスタイル作りも大人ならではのこだわりでもありますね^_^

 

是非、大人男性の方はご参考にしてみては?

では、また、明日。